異層塔ヴェーダ境戒次元

異層塔ヴェーダ 境戒次元106F攻略【ミッション全抜き】55手

更新日:

こんばんはatikoです。β版と比較するとルーシャのエンチャントがきたので、楽になっています。

ステージ概略および攻略ポイント

【敵情報】
■狂ブルーウルフ3体
■狂レッドウルフ3体
■ユウナギ、ミズチ、ミコト
■魔人
全ての敵に共通して耐性が付与されており、射撃(魔弾)や猛獣使い(獣使い)の攻撃区分しか通りませんので、その当たりのユニットをアタッカーにして攻略する必要があります。

【攻略ポイント】
・狂レッドウルフの「抉り爪」が強烈なので、最優先で処理
・狂ブルーウルフも「抉り爪」を使ってくるが、音速の咆哮(=オーバークロック)を優先して使ってくるため少し余裕がある。
狂レッドウルフには攻撃禁止、狂ブルーウルフには移動禁止が有効
(例:スナイパーのヘッドショット、プロフェッサーの麻酔薬など)
・ミコトが魅惑の舞を使用してくるので、予防薬が切れないよう絶えず撒く
魔人には石化が有効

【ミッション内容】
★勝利までの全戦闘で出撃ユニットが雷属性のみ
★敵を2体以上同時に倒す
★勝利までの全戦闘で出撃ユニットが5人以内

出撃ユニット

1P:ローティア 2P:フィーア
必須ユニット オバクロ兼回復役
3P:ヴィンセント 4P:レギス
雷のプロフェ最有力ユニット。開眼(4・4・4) オバクロ兼回復役
5P:ルーシャ
アタッカー

攻略の流れ

序盤はウルフ達の猛攻を上手く捌きつつ2体同時をローティアで達成する感じになりますので、いつもの詰将棋風に解説していきます。

■初手(ローティア):その場で、須佐能平
■2手目(ルーシャ):その場で、アシストフェイス
■3手目(フィーア):その場で、ローティアにオバクロ
■4手目(レギス):④へ移動し、ローティアにオバクロ
■5手目(ヴィンセント):その場で、予防薬

(すると上図配置になります)

※稀にユウナギがの位置に移動してきますので、そうなったら撤退です
■6手目(ルーシャ):ブルーウルフに通常攻撃し、待機
■7手目(ローティア):⑦に移動し、右上の狂レッドウルフを通常攻撃で倒す。(連携が1つでも発動すれば1撃で倒せます)

(すると上図配置になります)

◇フィーアのオバクロ発動
■8手目(ローティア):⑧へ移動し、須佐能平
◇レギスのオバクロ発動
■9手目(ローティア):A地点に「巨象の怒り」を放ち(2体撃破)、Aへ移動
すると周辺には瀕死のミズチとユウナギと狂ブルーウルフだけになりますので、ローティアとルーシャで倒します。

残りは、ブルーとレッドが1体ずつ、魔人、ミコトのみです。
ミコトの魅了が怖いので予防薬を切らさないように立ち回れば後はクリアできると思います。

参考プレイ動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-異層塔ヴェーダ境戒次元

Copyright© 誰ガ為のアルケミスト【タガタメ】攻略サイト , 2020 All Rights Reserved.